Y!mobileのニャンキュッパがワンキュッパに!月々1,980円でスマホが持てる「ワンキュッパ割」

ワンキュッパ割

ニャンキュッパからワンキュッパへ!

Y!mobile(ワイモバイル)から基本使用料が月額1,980円の「ワンキュッパ割」が登場しました。

新規でご契約または、乗換(MNP)のかたは「ワンキュッパ割」で

  • 通話料もコミコミで
    (国内通話10分以内月300回)
  • パケット料もコミコミで
    (2年間容量2倍)
  • 月々1,980円
    (1年間)
  • スマホが持てます
    (スマホプランS)

さらに

  • 2回線目以降はタダ
    (家族割引サービス)
  • 最大3枚のUSIMカードがタダ
    (シェアプラン)
  • 国内通話がかけ放題
    (スーパーだれとでも定額)
  • 45万カ所のWi-Fiスポットが無料
    (ソフトバンクWi-Fiスポット)

になるオプションサービスも用意されています。


もくじ

基本使用料が1年間毎月1,000円割引になる「ワンキュッパ割」

Y!mobileでは、スマートフォン向けの料金プラン「スマホプランS/M/L」に新規もしくは、他社からの乗換(MNP)で契約された方に、基本使用料を1年間毎月1,000円割り引く「ワンキュッパ割」を実施しています。「ワンキュッパ割」が適用されると、月額2,980円の「スマホプランS」が月額1,980円、月額3,980円の「スマホプランM」が月額2,980円、月額5,980円の「スマホプランL」が月額4,980円で利用できます。

「ワンキュッパ割」は、SIMカード(音声USIMカード)単体契約にも適用されます。最新のSIMフリー「iPhone」などの人気機種でも月額1,980円の格安価格でY!mobileを利用することができます。

料金プラン 月額基本使用料 割引額 初年度月額実質
スマホプランS 2,980円 -1,000円 1,980円
スマホプランM 3,980円 2,980円
スマホプランL 5,980円 4,980円

月額基本使用料は「スマホプラン割引」適用時の金額です。スマホプラン割引が終了する26カ月目以降は「長期利用割引」が適用されるので、引き続き同じ料金で利用できます。

「スマホプランS/M/L」のサービス内容

Y!mobileのスマートフォン向け料金プラン「スマホプランS/M/L」には、「スマホプランS」、「スマホプランM」、「スマホプランL」の3つのプランが用意されています。

月額2,980円の「スマホプランS」は毎月1GB、月額3,980円の「スマホプランM」は毎月3GB、月額5,980円の「スマホプランL」は毎月7GBの高速データ通信が付いています。「データ容量2倍キャンペーン」を実施しているので、新規・他社からの乗換(MNP)の場合は2年間の高速データ通信容量が2倍になります。

通話料は30秒につき20円。1回あたり10分以内の国内通話は月300回まで無料になります。(2017年2月1日から回数制限が撤廃され無制限で利用できるようになります)

月内に高速通信を使い切った場合、月末まで通信速度が最大128kbpsに低速化されます。0.5Gバイトごとに500円の追加料金を支払うことで通常速度に戻すことができます。

データチャージの設定を「快適モード」に設定すると、容量が足りなくなると自動的に0.5GBのデータが加算されます。「快適モード」は、追加回数の上限(1回~10回まで)を設定できます。1ヵ月ごとの上限回数を設定することで、使いすぎを防ぐことができます。

メールサービスは、キャリアメール(@ymobile.ne.jp)と、Eメール(@yahoo.ne.jp)の2種類のメールアドレスを持つことができます。@ymobile.ne.jpのアドレスはキャリアメールとして使うことができます。GmailなどのEメールアドレスは、迷惑メールフィルタの設定でPCメールの受信を拒否しているキャリアメールに送信すると拒否される場合がありますが、@ymobile.ne.jpで送ると拒否される心配がありません。ワイモバイル公式メールアプリ「Y!mobile メール」を使えば、Eメール(@yahoo.ne.jp)やGmailなど複数のメールアドレスをまとめて管理できます。

Google play Y!mobile メール
Y!mobile メール
制作: Yahoo Japan Corp.
評価: 3.2 / 5段階中
価格: 無料 (2016/8/12 時点)
posted by: AndroidHTML v3.1

料金プラン スマホプランS スマホプランM スマホプランL
基本使用料
(スマホプラン割引)
2,980円 3,980円 5,980円
「ワンキュッパ割」-1,000円(12カ月間)
高速データ通信容量 2GB
1GB
6GB
3GB
14GB
7GB
データ容量2倍キャンペーン(高速データ通信容量が「2年間2倍」)
通話定額 1回あたり10分以内の国内通話・月300回まで無料
通話料 30秒につき20円
(1回あたり10分を超える国内通話の10分超過分・国内通話が300回を超過した場合)
データチャージ 500MBごとに500円加算
メールサービス キャリアメール:@ymobile.ne.jp
Eメール:@yahoo.ne.jp

ソフトバンクから番号を移行される方、ディズニーモバイル・オン・ソフトバンクから乗換(MNP)される方は利用開始月から25カ月間の月額料金がスマホプランSで3,980円、スマホプランMで4,980円、スマホプランLで6,980円となります。26カ月目以降は、スマホプランSで2,980円、スマホプランMで3,980円、スマホプランLで5,980円で利用できます。

「スマホプランS/M/L」は、最低用期間がない「スマホベーシックプラン」で契約することも可能です。契約期間の縛りがないので好きな時に解約できますが、基本使用料は割高になります。

スマホベーシックプランS/M/Lの基本使用料(契約期間無し)
料金プラン スマホベーシックプランS スマホベーシックプランM スマホベーシックプランL
基本使用料 5,480円 6,480円 8,480円

高速データ通信容量が2年間2倍

Y!mobileでは、新規契約または、他社からの乗換(MNP)の方を対象にした「データ容量2倍キャンペーン」を実施しています。「スマホプランS/M/L」の高速データ通信容量が2年間2倍になる特典が付きます。

月1GBの「スマホプランS」が月2GB、月3GBの「スマホプランM」が月6GB、月7GBの「スマホプランL」が月14GBに増量されます。通常速度に戻す追加料金(0.5GBごとに500円)を割引することでデータが2倍になります。「スマホプランS」は2回(0.5GBx2)、「スマホプランM」は6回(0.5GBx6)、「スマホプランL」は14回(0.5GBx14)までは無料で通常速度に戻すことができます。

「データ容量2倍キャンペーン」は、音声USIMカード単体契約にも適用されます。

Yahoo!プレミアムを無料で利用できる「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」

ワイモバイルのスマホプランを契約すると、通常月額462円の「Yahoo!プレミアム」のプレミアム特典を無料で利用できる「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」に申し込み不要・月額無料で加入できます。

「Yahoo!プレミアム for Y!mobile」では、主に以下のプレミアム特典が付きます。

ヤフオク!

オークション出品ができるようになります。

Yahoo!ショッピング、LOHACO

Yahoo!ショッピング、LOHACOでのショッピングで通常の5倍のTポイントが付与されます。

お買いものあんしん補償

ヤフオク!の出品・落札、Yahoo!ショッピングでの商品購入を対象とした各種補償サービス(出品補償、修理補償金、宅配郵送事故補償金、返品補償、破損補償金、盗難補償金)を利用できます。

プレミアム会員割引

買い切りコンテンツや月額コンテンツにプレミアム会員割引が適用されます。

Yahoo!メールの保存容量が無制限

メールサービス「Yahoo!メール」の保存容量が10GBから無制限に拡大します。

Yahoo!かんたんバックアップの保存容量が50GB

クラウドストレージサービス「Yahoo!かんたんバックアップ」の保存容量が5GBから50GBに増量されます。

SIM単体契約で最大1万5千円キャッシュバック

Y!mobileオンラインショップでは、音声USIMカードを契約すると、最大1万5千円をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています。キャッシュバック金額は、「スマホプランM/L」で1万5千円、「スマホプランS」で1万円。1万円のキャッシュバックが適用されると、24カ月間は実質417円割引になります。USIMカード単体契約でも「ワンキュッパ割」と「データ通信容量2倍」が適用されるので、お得な「スマホプラン」をさらにお得に利用することが可能になります。

スマホプランSの実質月額(1年目)

  • スマホプランS
    sim_card
    2,980円
  • ワンキュッパ割

    -1,000円
  • キャッシュバック

    -417円
  • =
  • 実質月額

    1,563円

スマホプランSの実質月額(2年目)

  • スマホプランS
    sim_card
    2,980円
  • キャッシュバック

    -417円
  • =
  • 実質月額

    2,563円

1万円のキャッシュバックで、2年間は毎月実質417円割引になるので、「スマホプランS」の場合、1年目は月額実質1,563円、2年目は月額実質2,563円で利用できることになります。

ワイモバイルの音声USIMカードは、ワイモバイルが使用している周波数帯(バンド)に対応しているSIMフリー端末や、SIMロック解除済みの他社端末でも利用できます。動作確認済みの端末は「接続実績のある他社端末」として公式ページに掲載しています。

ワイモバイルが使用している周波数帯(バンド)

[4G] 2.5GHz(バンド41)、2.1GHz(バンド1)、1.7GHz(バンド3)、900MHz(バンド8)

[3G] 2.1GHz(バンドI)、1.7GHz(バンドIX)、1.5GHz(バンドXI)、900MHz(バンドVIII)

大人気SIMフリースマートフォンが980円

ワイモバイルでは、音声USIMカードとSIMフリースマートフォンのセット販売を行っています。iPhone並みに人気のあるファーウェイのSIMフリースマートフォン「HUAWEI P9 lite」は、「スマホプランM/L」で申込されると23,644円(税込)値引引きの980円で購入できます。「スマホプランS」でも1万円引きで販売しています。

HUAWEI P9 lite 980円~

  • android
    Android 7.0
    memory
    2GB RAM
    camera_rear
    13MP
    phone_android
    5.2FHD
    battery_full
    3000mAh
  • 「HUAWEI P9 lite」は、大手家電量販店で人気ナンバーワンのSIMフリースマートフォンです。カラーは、ゴールド、ホワイト、ブラックの3色から選ぶことができます。

    背面には、約0.5秒でロックを解除できる指紋認証センサーを搭載しています。センサーは、360度どの方向からも読み取り可能で、最大5つの指紋を登録できます。

    5.2インチフルHDディスプレイ、1300万画素カメラ、3,000mAhの大容量バッテリーなどを搭載しています。また、Android 7.0 (Nougat) / EMUI 5.0へのアップデートにも対応しています。

USIMカードの申込時に、SIMフリー端末向けの端末交換サービス「故障安心パックライト」(月額500円)に加入すると、SIMフリースマートフォンが故障した際にワイモバイルショップに持ち込めば、その場でワイモバイルの指定機種と交換することができます。

最新モデルのSIMフリースマートフォンも最大15,000円引き

Y!mobileでは、SIMカードセットで最新のSIMフリースマートフォンを購入すると最大15,000円引きになるキャンペーンも実施しています。値引きの対象になるのは「HUAWEI P10 lite」「HUAWEI nova」「ASUS ZenFone 3 Laser」の3機種。新規または他社からのMNPで申し込んだ場合、スマホプランM/Lで15,000円値引き、スマホプランSで10,000円値引きで販売しています。

HUAWEI P10 lite 17,378円~

  • android
    Android 7.0
    memory
    3GB RAM
    camera_rear
    12MP
    phone_android
    5.2FHD
    battery_full
    3000mAh
  • 「HUAWEI P10 lite」は、大人気SIMフリースマートフォン「P9 lite」の後継モデルです。前面と背面には2.5D曲面加工を施した硬度7Hのガラス素材をしようし、ダイヤモンドカット加工を施したメタルフレームを採用しています。カラーは、ミッドナイトブラック、パールホワイト、プラチナゴールドと、水をテーマにし背面ガラスの下層の光沢フィルムが波のような反射効果を再現するサファイアブルーの4色から選ぶことができます。

    P9 liteよりも高性能なCPU「Kirin 658」を搭載した他、メモリは2Gから3GB、ストレージは16GBから32GBにスペックアップしています。10分で2時間の動画再生、30分で43%まで充電できる急速充電にも対応しています。

    メインカメラの画素数は1300万画素から1200万画素に減っていますが、画素ピッチ1.25μmの大型センサーを採用したことで、暗い場所でもより明瞭でノイズの少ない写真を撮影することができます。800万画素のフロントカメラには、顔面認識技術を採用した「ポートレートモード」に対応しており、背景にボケ味効果を与えた芸術的な写真を撮影できます。

    指関節で様々な操作が行える「ナックルジェスチャー」をliteシリーズに初搭載しています。2つの周波数帯を束ねる2波キャリアアグリゲーション(2CA)をサポートしたことで、通信速度は下り最大262.5Mbps、上り最大50Mbps通信に高速化しています。

ASUS ZenFone 3 laser 15,010円~

  • android
    Android 6.0
    memory
    4GB RAM
    camera_rear
    13MP
    phone_android
    5.5FHD
    battery_full
    3000mAh
  • 「ZenFone 3 laser」は、SIMフリースマートフォン専門メーカー、ASUS(エイスース)のミドルレンジクラスのスマートフォンです。カラーは、シルバーとゴールドの2種類から選べます。

    CPUこそエントリーモデル向けの「Snapdragon 430」ですが、4GBの大容量メモリーを搭載しているのが特長です。メインカメラには、ソニー製の1300万画素イメージセンサーを搭載し、ASUS独自の超解像度モードにより5200万画素相当の画質になるとされています。ASUSUお馴染みの約0.03秒でピントを合わせることができる「レーザーオートフォーカス」は、前モデル「ZenFone 2 laser」の約3倍の距離までフォーカスできます。

    背面には指紋認証センサーを搭載。ゲーマー向けの独自アプリ「Game Genie」でプレイ中にポップアップブラウザでゲームの攻略法を検索したり、プレイ動画の配信・録画、メモリを開放できます。

HUAWEI nova 25,640円~

  • android
    Android 7.0
    memory
    3GB RAM
    camera_rear
    12MP
    phone_android
    5.0FHD
    battery_full
    3020mAh
  • 「HUAWEI nova」は、ファーウェイの若者向けシリーズ、nova(ノヴァ)の第一弾となるミドルレンジクラスのSIMフリースマートフォンです。CPUには、ファーウェイの子会社のHiSilicon製チップセット「Kirin」ではなく、クアルコムのミドルレンジクラス向けのSoC「Snapdragon 625」を搭載しているのが特長です。カラーは、チタニウムグレー、ミスティックシルバー、ローズゴールドの3色から選べます。

    USB Type-Cを搭載したことで90分の充電で1日分の充電を行なえます。背面には指紋認証センサーを搭載しています。また、4G+3Gの同時待受けが可能なデュアルSIMカードスロットも搭載しています。

    背面には画素ピッチ1.25㎛の1200万画素カメラを搭載。4K画質の動画撮影にも対応しています。2つの周波数帯を束ねるキャリアアグリゲーション(CA)に対応しているので下り最大225Mbps、上り最大50Mbpsの高速通信が可能です。

iPhoneを格安価格で販売

ワイモバイルではAppleの人気スマートフォン「iPhone」の旧モデルを格安価格で販売しています。2016年に発売された「iPhone SE」は32GBモデルと128GBモデルを2モデル用意しています。機種代金は32GBモデルで月々2,700円、128GBモデルで月々3,240円になります。「月額割引」で32GBモデルで1,620円(機種変更は1,080円)、128GBモデルで1,080円(MNPは1,620円)が引かれるので、実質負担額は32GBモデルで月々1,080円、128GBモデルで月々2,160円になります。

それでは、Y!mobileでiPhone SE 32GBモデルを購入すると、ソフトバンクよりどれくらい安くなるのかを計算してみましょう。Y!mobileは「スマホプランM」、ソフトバンクはスマ放題データ定額 5GBで比較してみます。

iPhone SE 32GB
キャリア Y!mobile SoftBank
機種代金/月 2,700円
月額割引 -1,620円 -2,250円
自己負担金/月 1,080円 450円
基本料/月 4,298円
(スマホプランM)
2,916円
(スマ放題)
ワンキュッパ割/月
(12ヵ月間)
-1,080円
無料通話 10分かけ放題 かけ放題
ISP料金/月 324円
データ定額サービス 月額料金 5,400円
容量 6GB 5GB
月額料金 1年目 4,298円 9,090円
2年目 5,378円

ソフトバンクの9,090円に対して、ワイモバイルは1年目4,298円、2年目5,378円という結果になりました。2年間平均で4,838円なのでソフトバンクの半分近くの料金でiPhone SEを持つことができるのです。

Y!mobileの割引サービスとオプションサービス


家族割引サービス

スマートフォン 月々500円OFF ケータイ 全額無料

Y!mobileを家族で利用する場合、「家族割引サービス」を利用すると2回線目以降の月額基本使用料が割引されます。

割引額は「スマホプラン S/M/L」で毎月500円、「ケータイプラン」の場合は毎月1,381円割引になります。ケータイプランは月額基本使用料が1,381円なので、「家族割引サービス」を利用すると月額基本使用料が無料になります。

主回線を「スマホプラン S」、副回線を「ケータイプラン」で契約すると、2回線分の月額料金は1年目が「ワンキュッパ割」の適用で1,980円、2年目以降は2,980円の格安料金で利用できるのです。

副回線は最大9回線まで契約できます。「家族割引サービス」を利用すれば、最大10回線を月額2,980円(1年目は月額1,980円)で利用することも可能です。


シェアプラン

タブレット3台 SIM料金無料

「シェアプラン」は、「スマホプランS/M/L」の同一名義で最大3枚のSIMカードを発行できるプランです。「スマホプランS/M/L」の高速データ通信容量を複数の端末でシェアすることができるようになります。

シェアプランの月額基本使用料は980円。「スマホプラン M」と「スマホプラン L」にはシェアプランセット割が適用されます。割引額は「スマホプラン M」が毎月490円。「スマホプラン L」は毎月980円割引されるのでシェアプランの基本使用料が無料になります。

料金プラン スマホプランS スマホプランM スマホプランL
基本使用料 2,980円 3,980円 5,980円
追加可能SIMカード 最大3枚
シェアプラン基本使用料 980円
シェアプランセット割 -490円 -980円
合計 3,960円 4,470円 5,980円
シェアプラン負担額 980円 490円 0円

シェアプランの毎月の負担額は「スマホプラン S」で980円、「スマホプラン M」で490円、「スマホプラン L」で0円になります。「スマホプラン L」の場合、タブレット用に最大3枚のSIMカードを追加しても毎月の料金が変わりません。データ容量2倍キャンペーンで毎月14GBの高速データ通信容量を4台の端末で共有できます。

なお、「シェアプラン」で追加できるSIMカードの種類は「データ通信専用」です。音声通話対応のSIMカードを追加することはできません。


スーパーだれとでも定額

通話 かけ放題

「スーパーだれとでも定額」は、月額1,000円のオプション料金を支払うことで国内通話がかけ放題になる通話定額サービスです。

家族割引サービスで、副回線を「ケータイプラン」で利用されてる方も「スーパーだれとでも定額」に加入できます。ケータイプランの場合は月額1,500円のオプション料金を支払うことで、国内通話がかけ放題になり、パケット通信も無制限で利用できるようになります。また、ケータイプランは月額934円の「だれとでも定額」に加入すると、1回あたり10分以内の通話が月500回まで無料になります。


ソフトバンクWi-Fiスポット

Wi-Fiスポット45万カ所 無料

「スマホプラン」を契約されている方は、公衆無線LANサービス「ソフトバンクWi-Fiスポット」を無料で利用できます。利用できるアクセスポイント数はなんと「45万カ所」。国内最大級のスポット数を誇ります。

「ソフトバンクWi-Fiスポット」は、機種によって利用可能なアクセスポイントが変わります。「ソフトバンクWi-Fiスポット」が使用しているSSIDは「0001softbank」「0002softbank」「mobilepoint」の3つ。全てのSSIDを使用できるのは「Nexus 5X」のみ。その他のスマートフォンは「0001softbank」と「mobilepoint」を使用できます。「iPhone 5s」で利用できるのは「0002softbank」のみになります。

対応機種 アクセスポイント(SSID)
Nexus 5X 001softbank、0002softbank、mobilepoint
DIGNO E 503KC、AQUOS CRYSTAL Y2 403SH、AQUOS Xx-Y 404SH、LUMIERE 503HW、DIGNO C 404KC、Spray 001softbank、mobilepoint
iPhone 5s 0002softbank

Android端末で「ソフトバンクWi-Fiスポット」を利用する場合、Androidアプリ「Wi-Fiスポット設定」が必要になります。アプリをインストールし設定を済ませると、ソフトバンクWi-Fiスポット提供エリアで自動的にWi-Fiに接続できるようになります。

Google play Wi-Fiスポット設定
Wi-Fiスポット設定
制作: SoftBank Corp.
評価: 2.9 / 5段階中
価格: 無料 (2016/6/8 時点)
posted by: AndroidHTML v3.1

iPhone 5sで利用する場合は、「一括設定プロファイル」をインストールする必要があります。


故障安心パックプラス

端末補償 セキュリティサービス

「故障安心パックプラス」(月額690円)は、端末補償とセキュリティサービスがセットになったオプションパックです。端末購入と同時に加入できます。

「故障安心パックプラス」には、故障保証サービス、水漏れ・全損保証サービス、電池パック無料サービス・内蔵型バッテリー交換修理割引サービス、盗難・紛失保証サービス、破損保証サービス、セキュリティトラブル補償、データ復旧支援サービスが含まれています。

故障保証サービス:水漏れ・全損以外の端末の故障の際にかかる修理代金を100%保証します。

水漏れ・全損保証サービス:端末が水漏れした場合、5,000円の自己負担で修理を依頼できます。全損の場合は、同一機種またはワイモバイル指定機種を会員価格で購入できます。

電池パック無料サービス・内蔵型バッテリー交換修理割引サービス:「故障安心パックプラス」の加入から1年以上経過し、同一端末(バッテリー交換可能)を1年以上利用されている方は、交換用の電池パック1個を無料でもらうことができます。バッテリー内蔵型の端末をお使いの方は、バッテリー交換時の修理代金が3,000円割引になります。

盗難・紛失保証サービス:端末が盗難もしくは紛失した場合、同一機種またはワイモバイルが指定する機種を会員価格で購入できます。

破損保証サービス:外装が破損した場合、外装の修理代金が90%オフになります。

セキュリティトラブル補償:不正アプリのインストールなどで、端末にトラブルが発生した場合、ウィルス駆除サービスなどの費用を上限5,000円まで補償します。(シェアプランは対象外)

データ復旧支援サービス:水没・水濡れ・破損などで端末にトラブルが発生した場合、データ復旧サービスを無料で利用できます。(シェアプランは対象外)


故障安心パックライト

SIMフリー端末の端末補償サービス

「故障安心パックライト」(月額500円)は、ワイモバイルのUSIMカードを単体契約される方が申込時に加入できる端末補償サービスです。対象プランは「スマホプランS/M/L」になります。

ワイモバイルのUSIMカードが入っているSIMフリー端末が故障した場合、ワイモバイルショップに持ち込めばワイモバイルのAndroid端末と交換することができます。交換費用は、契約翌月から7ヵ月以降の場合が7,500円(一部機種は10,000円)。契約翌月から6ヵ月以内の場合が12,500円(一部機種は15,000円)になります。取り換えが完了した時点で「故障安心パックライト」は自動解約されます。


ワイドサポート

パソコンやスマートフォン 遠隔サポート

「ワイドサポート」(月額500円)は、ワイモバイル端末に加えて、パソコン、プリンタ・スキャナなどのパソコン周辺機器、ゲーム機、デジタルカメラ、携帯音楽プレーヤーなどの設定や操作方法を専門のオペレータが電話やリモートでサポートしてくれるサービスです。リモートサポートツールを端末にインストールすることで、遠隔操作でサービスを受けることが可能になります。

「スポナビライブ」が月額980円で視聴可能

Y!mobileの「スマホプラン」ユーザーは、人気スポーツの生中継が見放題の動画配信サービス「スポナビライブ」の月額料金(通常1,480円)が500円引きの980円になる特典が付きます。

スポナビライブは、プロ野球や海外サッカー、テニスのATPワールドツアー、プロバスケットボールB.LEAGUE、大相撲、メジャーリーグベースボール、アメリカズカップ、KNOCK OUTの生中継をフルHD画質で視聴できる動画配信サービスです。iOS、Androidのスマホアプリや、WindowsやMacなどのパソコンに加え、ChromecastやAndroid TV、Apple TV、Amazon Fire TVにも対応しているので、大画面テレビでも高画質のスポーツ中継を楽しめます。

プロ野球 巨人、広島を除く10球団が主催する公式戦、クライマックスシリーズ、オープン戦
海外サッカー プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラの全試合
テニス ATPワールドツアー(250シリーズ、500シリーズ、マスターズ1000、ファイナルズ)
バスケットボール B.LEAGUEの公式戦全試合
大相撲 毎場所15日間の全取り組み
その他 アメリカズカップ、KNOCK OUT

LINEの年齢認証も突破できる「My SoftBank認証設定」

ワイモバイルのスマートフォンは、LINEの年齢認証も突破することができます。ワイモバイルのユーザー専用サイト「My Y!mobile」にログイン後、[サービス・端末設定]⇒[My SoftBank認証設定]⇒[認証の設定/確認/変更、利用状況の確認]で「自動認証する」にチェックを入れることで、LINEの年齢認証を突破でき、ID検索が行えるようになります。

固定通信とのセットで毎月最大1,000円割引になる「光セット割」

スマホプランS/M/Lを契約されている方は、ソフトバンクの固定通信サービス「SoftBank 光」もしくは「SoftBank Air」を契約すると、「光セット割」に申し込むことができます。

「光セット割」は、対象のモバイル通信サービスと固定通信サービスを契約し、指定オプションに加入することで毎月の料金が割引になるキャンペーンです。

「光セット割」が適用されると、「スマホプランS」で毎月500円割引、「スマホプランM」で毎月700円割引、「スマホプランL」で毎月最大1,000円割引になります。

光セット割対象固定通信サービス スマホプラン回線数 割引額
SoftBank 光
SoftBank Air
スマホプランS -500円
スマホプランM -700円
スマホプランL -1,000円

SoftBank 光/SoftBank Air1回線につき、最大10回線まで割引対象になります。

SoftBank 光を申し込んだ場合、「光セット割」の割引特典を受けるには以下の指定オプションに加入する必要があります。

  • 光BBユニットレンタル
  • 「Wi‐Fiマルチパック」または「Wi‐Fi地デジパック」
  • 「ホワイト光電話」、「BBフォン」または 「光電話(N)およびBBフォン」

「光セット割」が適用された場合、指定オプションは月額500円からのお得なパック料金で提供されます。

なお、SoftBank 光は、契約が24ヵ月で自動更新される「自動更新ありプラン」が対象になります。「自動更新なしプラン」の場合は対象外になります。

「光セット割」は、「家族割引サービス」との併用はできません。

機種代込で月額基本使用料934円の「ケータイプランSS」

Y!mobileではフューチャーフォン(ガラケー)向けの料金プラン「ケータイプランSS」も用意しています。「ケータイプランSS」の基本使用料は2年契約で月額934円。機種代が実質0円になる端末も販売されているので、必須オプションの「ベーシックパック」(月額300円)と合わせても税込1,332円で利用できます。

パケット定額は、使った分だけ料金がかかる仕組みになっているので、使わなければ0円です。パケット定額の上限は月額4,500円。月2.5GBを超えると、128kbpsまで速度が低速化されます。

通話料は30秒につき20円。1時~21時までは、ワイモバイル、ソフトバンク、ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクのスマホ・ケータイへの通話料が無料になります。

  • ケータイプランSS
    sim_card
    1,008円
  • ベーシックパック

    324円
  • パケット定額

    0円~
  • =
  • 月額合計

    1,332円

通話定額オプション「スーパーだれとでも定額」も用意されています。月額1,000円で他社スマホやケータイ、固定電話への通話が無料になります。

「ケータイプランSS」は、契約期間ナシでも契約できます。月額料金は2,434円と割高になりますが、好きなタイミングで解約できるメリットがあります。9,500円の契約解除料を支払う必要もありません。

オプション加入で通話とパケットが無制限になる「ケータイプラン」

ワイモバイルのPHS向け料金プラン「ケータイプラン」は、月額基本使用料1,381円で利用できる3年契約のプランです。ワイモバイルのケータイ・スマートフォン、PHS宛は24時間無料で通話できます。Eメールも使い放題になります。

月額934円の「だれとでも定額」に加入すると、1回あたり10分以内の国内通話が月500回まで無料になります。さらに、月額1,500円のオプション「スーパーだれとでも定額」に加入すると、他社スマホやケータイ、固定電話への通話が無料なるのに加えて、パケットも使い放題になります。